エクスパレル麻酔(渋谷院限定)

エクスパレル麻酔

エクスパレル麻酔

エクスパレル麻酔とは?

エクスパレル麻酔とは、施術前に行われる麻酔とは異なり、痛みが出やすいと言われる術後の約72時間痛みを抑える麻酔です。通常、手術に使用する局所麻酔は術後3~4時間で切れてきます。その後、痛みを和らげるため内服薬を服用するのが一般的です。
内服薬の場合、お仕事のお休みを取れない方などは効果が切れるタイミングで服用できなかったり、もともと痛みに弱い方は内服薬だけでは心もとない可能性があります。
エクスパレル麻酔を使用することで、術後は痛みをほとんど気にすることなく日常生活を送ることができます。

エクスパレル麻酔がおすすめな方

  • ダウンタイム中の痛みが不安な方
  • 術後にお仕事のお休みが取れない方
  • 痛みに弱い方

エクスパレル麻酔の特徴

エクスパレル麻酔
エクスパレル麻酔

エクスパレル麻酔は、「リポソーム」と呼ばれる二重層構造で体内に投与され「時間をかけて作用していく」ようにデザインされています。そのため、一般的な局所麻酔は注入後すぐに周辺組織に拡散し効果を発揮するのに対し、エクスパレル麻酔は注入箇所に留まり長時間麻酔の効果を持続することを可能にしました。

エクスパレル麻酔についてドクターからのコメント

エクスパレル麻酔はアメリカ食品医薬品局、通称FDAにて安全な医療品として認証された局所麻酔です。

婦人科形成や美容整形、外科手術など様々な美容・医療の現場で使用されています。

リスクや副作用もありますので、カウンセリングにて適用可能か判断の後ご提案させていただきます。

東京中央美容外科【TCB渋谷院】
院長 富田 莉沙子 医師

富田莉沙子医師

エクスパレル麻酔の注意点・リスクなど

施術のタイミング
術後、局所麻酔が効いているタイミングで局所麻酔と同じ箇所に打ちますので痛みもありません。
効果
約72時間持続します。
喫煙
術前・術後2週間程度禁煙をお願いします。
禁忌事項
・18歳以下の方
・妊娠中の方
・エピネフリンアレルギーの方
・肝臓疾患をお持ちの方
副作用・合併症・リスク
・嘔吐
・内出血
・発熱
・便秘

よくある質問

エクスパレル麻酔をすれば処方された痛み止めは飲まなくても大丈夫ですか?
エクスパレル麻酔によって一切内服薬を飲まなくても大丈夫な方もいますが、基本的に処方した内服薬は別途飲んでください。
どのような治療でもエクスパレル麻酔は使用できますか?
基本どのような手術・治療でも使用可能です。

料金表

エクスパレル麻酔
リフト系、目
30,000円
エクスパレル麻酔
婦人科形成・鼻・バッカルファット除去
50,000円
エクスパレル麻酔
脂肪吸引(顔)
70,000円
エクスパレル麻酔
脂肪吸引(二の腕)
105,000円
  • Web予約をする
  • お電話・クリニック一覧
  • 画像診断も可能 無料メール相談

受付・診療時間 10:00~19:00(不定休)
※一部クリニックは異なります。
無料メール相談・Web予約24時間受付中